投資の中でも圧倒的にやりやすい環境となっているのが株式投資です。何と言っても証券会社に口座を開きお金を入れて今はネット口座などを作ることによってインターネットから注文を出すということができるので、物凄く簡単にできます。 さて、この株式投資をするときには 明確にある程度の目標の金額を決めて、投資を行うことにしたほうが成功率が高くなることでしょう。 つまりは、いくらぐらいの利益を、金額を目標にするのか、ということです。それによってどのくらいのリスクを負えるのか、負うべきであるのか、ということが違ってきます。 利率がいいから、 大量のリターンが期待できるから、と欲望に身を任せてリスクを顧みずに投資を行ってしまうというようなことを避けることができるようになります。 あるいはそういうやり方を積極的にやるべき状況というのもあったりはしますので要するに自分がどのくらいの目標を持って株式投資をしているのかということを自覚するのが重要です。 自分がどうして投資を行うのか、そしてその目標は、最終的な到達点はどこであるのか、ということをまずは考えてみるようにしましょう。それによって不動産に投資するべきであるのか株式に投資するべきであるのか、あるいは投資信託で任せてしまうべきであるのかといったような選択がやりやすくなります。 その上で株式投資を選択したのであれば、株式投資には基本的に二つの利益の出し方があると理解しておきましょう。 それが売却益と配当という形になります。 どちらがいいのかというのはその人の投資スタイルによって違うことであり、前述の自分の目標としている金額に対してどのような形で実現しようかということから考えてみると良いでしょう。 毎年これだけの金額を受け取りたいというような形で目指すのであれば配当金狙いが良いでしょう。但し、安定している配当金を出してくれるところというのはありますがそれも確実というわけではないのであくまでもらえるかもしれないというような形での見込みになります。 株式投資の良いところはどこの証券会社から購入しようとそのタイミングで購入すれば同じ値段で株式を購入することができる点です。 でずかその証券会社によってコストが違うというのもまた事実です。つまりは、どのような投資スタイルで自分がやるのかということから自分にとって有利な証券会社を選ぶようにするのも重要になりますから、よくよく比較しましょう。