『ゼロ金利の銀行にお金を預ける気になれないけど、かといって株式投資は怖い』という人にふさわしいのが、投資信託です。投資信託には大きく分けて、「公社債投資信託」と「株式投資信託」の2つがあります。そして、公社債投資信託の代表的なものに、証券総合口座専用の投資信託である「MRF(マネー・リザーブ・ファンド)」があります。

●MRFとは
公社債とは、国や地方公共団体が発行する債券(公共債)や、民間企業が発行する債券(民間債)のことで、償還日に額面が払い戻されます。そして、公社債投資信託には株式が一切含まれていません。公社債投資信託に分類される商品には、MRFの他に外貨建てMMF(マネー・マネジメント・ファンド)があります。

MRFは銀行預金より利回りがよく、また株式投資より圧倒的にリスクが低くなっています。投資信託のため、価格は変動しますが、値動きは非常に小さくなっています。また、安全性の非常に高い公社債で運用されるため、元本が保証されていないとはいえ、過去元本割れを起こしたことがありません。

●預金と同じような扱い
法律上、預金を預かることのできない証券会社では、安全性の高いMRFを預金の代替として活用しています。つまり、証券会社に取引口座を開設すると、同時にMRFの口座を作るのが一般的です。投資金をMRFに振込むと、その資金で投資信託や株式、債券などの投資を始められます。

例えば、積立投資の場合、毎月決まった日に一定額をMRFから引出し、指定した投資商品の買付けに回されます。ただ、MRFの残高が規定額に足りない場合は、その月の積立投資は行われません。

また、株式や投資信託を売却して得た資金はMRFに入金されます。同様に、利子や配当金もMRFに保管されます。

●MRFのシステム
MRFは投資金を保管させておくことが主な目的や役割になっています。従って、投資金の金庫であるMRFにおいて、売りたい時に売れない「流動性リスク」や、価格が元本を下回る「価格変動リスク」の存在は、廃除しなければなりません。そのため、償還期間が1年未満のCP(コマーシャル・ペーパー:企業が発行する短期債券)や、CD(譲渡性預金証書:銀行などが発行する第三者への譲渡可能な大口定期預金)などで運用されます。

毎日給付される配当金は、月末に税引き後の金額が一括して再投資に回されます。投資信託などの買付けや、配当金の受取りなどの入出金は1円単位で行われます。なお、お金の出し入れは自由にでき、手数料はかかりません。ただ、一般の投資信託と同様に信託報酬はかかります。